石綿(アスベスト)

石綿(アスベスト)は、その優れた特性からこれまで(1970~1990年にかけて大量に輸入され)主に、建材として使用されてきましたが、アスベストの人体に与える有毒性は、広く社会問題化しています。  しかし、アスベストの除去方法には、多くの問題点が残されています。 又、建材を中心に広く使用されていた事などへの不安を利用した悪徳業者の被害も少なくありません

石綿とは?

 

石綿は、¨アスベスト¨とも呼ばれており、細長い形の天然の鉱物繊維で6つの種類があります。

この中で建築材料に使用された石綿は クリソタイル、アモサイト、クロシドライトの3種類です。

特性としては鉱物なので、耐熱性、耐摩耗性、耐腐食性など多くの優れた特性があり、しかも繊維なので織物にも出来、均一に混ざりやすい特性が有る為、品質の安定にもつながり通常の状態ではほとんど変化することがなく経済性にも富んでいる為、古くから保温材や石綿板などの、建材を中心に広く使用されていました。

石綿の有害性

 

石綿粉塵を吸入する事により、石綿肺、肺がん、中皮腫等の疾病の危険性が高まる事は、広く知られています。

これらの疾病については、石綿粉塵を少量吸入しても発症する可能性があり、また石綿粉塵のばく露から発症まで相当 長期間(20年から40年)の長い潜伏期間を経て発病すると云われています。

施工部位              石綿含有建築材料の種類
天井/壁内装材    スレートボード 、けい酸カルシュウム板第一種、 パルプセメント板

 

天井/床吸音断熱材 石綿含有ロックウール吸音天井板、 石綿含有吹付け材

 

天井結露防止材    屋根折版用断熱材、 石綿含有吹付け材

 

床材           ビニール床タイル、 フロアー材

 

外壁/軒天外装材   窯業系サイディング、 スラグせっこう板、押出成型セメント板、スレートボード

              スレート波板、けい酸カルシウム板第一種

 

耐火被覆材       吹付石綿、石綿含有吹付ロックウ-ル、石綿含有耐火被覆板

              けい酸カルシウム板第二種

 

屋根材          スレート波板 、住宅屋根用化粧スレート煙突材石綿セメント円筒

              石綿含有煙突断熱材

事前調査方法

 

設計図書や目視での確認、建築物の竣工年や使用されている用途、商品名より見当を付け、分析機関に依頼します。吹き付けアスベストの施工時期の目安は次のとおりです。

①吹付け石綿 昭和49年施工中止(1974年)

②石綿含有吹付けロックウール 昭和55年施工中止(1980年)

③その他の石綿含有吹付け材 昭和63年施工中止(1988年)