当社では以下の6つを住まいの柱としています。

 

基礎

何かを造るとき、何かを成し遂げるとき、一番重要なのは基礎です。建物に於いてもやはり基礎が重要なのは言うまでもありません。私達は家を建てるその土地の地盤を調査し、また建てる建物を考慮しながらどんな基礎が一番合っているのかを、常に考え提案いたします。

 

構造

木、鉄、コンクリート、それぞれの材料が持つ特性を最大限に生かし、数十年後でも風、雨に耐え、皆様の生活や生命、財産をまもる。そんな住む人の為の空間造りを基本に設計します。

 

断熱

呼んで字の如しで、ただ熱を断てば良いのかと言えばそうでも有りません。断熱で重要なのは暑い夏にどうすれば室内の温度を低く保つ事が出来るか?寒い冬にはどうすれば室内の温度を暖かく保つ事が出来るか?と言う事で、それには風を利用したり、光を利用したりとさまざまな考え方や方法が有ります。私達はその地域の特性や風土を考慮しどの方法が良いのかを考え提案いたします。

 

通気

自然の恵みである風をコントロールする事により有効利用し身体や住まいに悪いカビや害虫、湿気を抑制し、人や住まいにいつまでも健康で快適な暮らしができるようにと私達は考えます。

 

防音

近年非常にクローズアップされてきた重要事項の一つです。その重要性は連日ニュースでピアノの音がうるさいとか犬の鳴き声がうるさいとか、赤ちゃんの夜泣きが我慢出来ないとかいろいろと傷害事件が起きていると報道されるほどです。私達はそういった外音による騒音はもとより、家庭内に於ける個人のプライバシーを守る為の防音についてもより良い方法を提案させていただきます。

 

美観

満ち足りた人生を送っている人はよく年齢を重ねるたびに『良い顔に成って行くね!』と言われたりもします。確かに新築の建物が綺麗な事は大事な事だと思います。でもその綺麗さが長年続く事は?続くだけではなく年を重ねるたびに風合いが出て来たとしたらどうでしょう。私達はその素材の持つ特性は勿論その地域の景観や風土なども考慮し、どんな材料がこの場所に適しているのか、どんな素材が長年美しさを保ち、尚且つ風合いが出て来るのかを考え提案させていただきます。

 

聖の住まいは・・・